緑内障は早期発見、早期治療が大切です

緑内障かどうかを調べるには眼圧、眼底、視野検査などの検査が必要になります。

緑内障と診断されたら、一般的には点眼薬による治療が基本です。緑内障を早期に発見し、点眼薬による治療を続けていれば、多くの場合、失明に至ることはありません。

緑内障の治療中でも、生活の厳しい制限や注意事項はほとんどありません。点眼薬を使用し定期的に受診すること以外は、普段と変わらない生活を送ることができます。

gft0020-001