40歳を過ぎたら定期検診を

緑内障は視神経が障害されて、視野が欠けていく病気です。一度視野が欠けると二度と元には戻らないため、手遅れになる前に治療を行い、進行を抑えることが大切です。
緑内障は進行してはじめて気づくことが多いため、40歳を過ぎたら定期的に眼科の検診を受けるようにしましょう。

当クリニックでは、視神経の断層画像をみるOCTや視野検査を行うことができます。

お気軽にご相談ください。